Airレジの概要

Airレジでキャッシュレス決済

Airレジでキャッシュレス決済

キャッシュレス決済にはAirペイ(エアペイ)

Airレジ(エアレジ)でクレジットカードや電子マネー、QRコード決済などのキャッシュレス決済を行うには別途Airペイ(エアペイ)の登録が必要になります。

Airレジ(エアレジ)とAirペイ(エアペイ)を併用することでPOS連携が可能となり、ひとつの端末で、注文入力から現金やクレジット決済など様々な決済が、スムーズに使えるようになります。

決済手段が画面に表示されるので、初めて使う方でも簡単に操作が行えます。

Airペイ(エアペイ)とは

Airペイ(エアペイ)は、リクルートが提供するAirシリーズのキャッシュレス決済サービスです。

iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台で、主要の国際6ブランドのクレジットカード決済と交通系電子マネーのほか「iD」「QUICPay」「Apple Pay」、QRコード決済、ポイントカードに対応しています。

また、AirPAY(エアペイ)は、「キャッシュレス・消費者還元事業」における決済事業者です。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費税率が10%に引き上げられた2019年10月から2020年6月末日までの9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です。

消費者のメリットのみならず、決済手数料補助など加盟店にとってもメリットがあります。

Airペイに申込むだけで、「キャッシュレス・消費者還元事業」の事業者登録と加盟店登録手続きが同時にできます。

Airペイ(エアペイ)を導入するなら、今が一番良いタイミングであるといえます!

キャッシュレス0円キャンペーン実施中

Airペイ(エアペイ)の申込時にキャッシュレス・消費者還元事業者登録を同時に申し込むと、iPadもカードリーダーも無料でそろいます。

[振込手数料][月額固定費][カードリーダー]が0円・消費者還元事業者登録でiPadも0円

Airペイ(エアペイ)の対応ブランドと決済手数料

Airペイ(エアペイ)は、さまざまな支払い方法が可能です。

来年2020年の東京オリンピックはもちろん、今後、日本を訪れる外国の方々が増えると予想されます。

また、これからキャッシュレス社会が進むことを考えると、それぞれの顧客の支払い手段に対応できる必要性が高まると思われます。

Airペイ(エアペイ)は、1台の端末を利用して、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済も利用することができるので、たくさんの顧客のニーズに対応することが可能なのです。

クレジットカード

対応ブランド 決済手数料
VISA・mastercard・AMERICANEXPRESS 3.24%
JCB・Diners Club・DISCOVERCARD 3.74%
消費者還元事業者登録で実質2.16%

  • 2019年10月から2020年6月末まで。
  • 事業者登録完了後の適用開始日より反映されます。
  • クレジットカード決済のうちDISCOVERは、キャッシュレス・消費者還元事業の対象外です。

電子マネー

対応ブランド 決済手数料
Kitaca(キタカ)・Suica(スイカ)・PASMO(パスモ)・TOICA(トイカ)・manaca(マナカ) ICOCA(イコカ)・SUGOCA(スゴカ)・nimoca(ニモカ)・はやかけん 3.24%
Apple Pay・iD・QUICPay 3.74%
消費者還元事業者登録で実質2.16%

  • 2019年10月から2020年6月末まで。
  • 事業者登録完了後の適用開始日より反映されます。

QRコード

対応ブランド 決済手数料
LINE Pay・d払い・PayPay・Alipay(アリペイ/支付宝)・WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付) 3.24%
消費者還元事業者登録で実質2.16%

  • 2019年10月から2020年6月末まで。
  • 事業者登録完了後の適用開始日より反映されます。
  • QRコード決済のうちAlipay(アリペイ/支付宝)とWeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)は、キャッシュレス・消費者還元事業の対象外です。

ポイント

対応ブランド
Tポイント・Ponta・WAON POINT
※ サービス利用には初期費用と月額利用費が発生します。

Airペイ(エアペイ)の入金サイクルと入金手数料

Airペイ(エアペイ)の入金サイクルは下記の通り、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行は月6回、その他の金融機関は月3回となります。

Airペイ(エアペイ)の入金(振込)サイクル

振込設定口座 入金回数 締日 入金日
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
月6回 5日 10日
10日 15日
15日 20日
20日 25日
25日 末日
末日 翌5日
上記以外の金融機関 月3回 10日 15日
20日 25日
末日 翌5日

Airペイ(エアペイ)の入金手数料

Airペイ(エアペイ)は、月額使用料やクレジット会社等から支払われる際の入金時手数料が無料です。

他社では、それぞれ0円になるには指定の銀行口座であったり、一定の条件を満たさないといけない等がありますが、Airペイ(エアペイ)ではどちらも条件なしに無料なので、とてもお得です。

ゆうちょ銀行は振込口座に指定できません。

Airペイ(エアペイ)を導入するメリット

  1. 導入・運用コストが無料
  2. 多種多様な決済に対応
  3. 素早い入金サイクル
  4. 「キャッシュレス・消費者還元事業」における決済事業者
  5. 申込みから2週間程度で利用可能
  6. Airレジとの併用でPOS連携が可能
  7. 安心できるサポート体制

導入・運用コストが無料

通常だと端末(カードリーダー)費用が19,800円かかりますが、現在Airペイ(エアペイ)では「キャッシュレス0円キャンペーン」実施中で、iPadも端末(カードリーダー)も0円で揃えることができます。

さらに月額の使用料・入金手数料は一切かかりません。

多種多様な決済に対応

「クレジットカード決済」や「電子マネー」、「QRコード決済」、「ポイント」の26種類の決済に対応しています。

もちろん「Apple Pay」での決済も可能です。

素早い入金サイクル

Airペイ(エアペイ)の導入メリットの1つが素早い入金サイクルです。

一般的なクレジットカード決済では、月に2回の入金サイクルが多いのですが、Airペイ(エアペイ)では月最大6回までの入金対応が可能です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」における決済事業者

Airペイ(エアペイ)は、2019年10月1日から2020年6月末までの9か月間実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」における決済事業者です。

Airペイに申込むだけで、「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録手続きが同時にできます。

申込みから2週間程度で利用可能

Airペイ(エアペイ)は、お申込みから2週間程度でご利用可能となります。

Airレジ(エアレジ)との併用でPOS連携が可能

Airペイ(エアペイ)とAirレジ(エアレジ)を一緒に利用することで、注文入力から会計までの一括操作が可能になり、煩わしいレジ業務がもっと簡単でスピーディーになります。

安心できるサポート体制

Airペイ(エアペイ)の「決済サービスヘルプデスク」は決済処理で困った時に、すぐに電話相談できるので、とても便利で安心です。

決済サービスヘルプデスク

受付時間 9:30~23:00(年中無休)

Airペイ(エアペイ)を導入する注意点

  1. 対応端末がiOSのみ
  2. 分割払いには対応できない
  3. カードリーダーは充電が必要
  4. ゆうちょ銀行は利用できない

対応端末がiOSのみ

対応端末がiOSのみであるためAirレジ(エアレジ)と同じくipadとiphoneでの利用となります。

現時点では、Androidは未対応となっています。

分割払いには対応できない

支払い方法は 1回払い(一括払い)のみになります。

リボ払い、分割払い、ボーナス払いは利用できません。

カードリーダーは充電が必要

カードリーダーはワイヤレスのため、こまめな充電が必要となります。

バッテリーが切れている状態では決済ができません。

ゆうちょ銀行は利用できない

入金先の指定銀行に「ゆうちょ銀行」は指定できません。

ゆうちょ銀行をメインバンクにしている場合、他の銀行の口座を開設する必要があります。

Airペイ(エアペイ)利用開始までの流れ

Airペイ(エアペイ)は、お申込みから2週間程度でご利用可能となります。

  • STEP01
    お申込み
    店舗情報、口座情報、法人の場合は法人情報の入力をします。
    キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みをご希望の方は、登録情報を入力します。
    審査書類のアップロードが必要となりますので、書類を事前に準備しておきましょう。
  • STEP02
    審査
    審査は通常3日程度で完了します。
    審査結果は登録したAirIDのメールアドレスに送信されるほか、管理画面でも確認できます。
  • STEP03
    配送
    審査が完了すると、お申込みした店舗に端末(カードリーダー)、操作マニュアル、加盟店ステッカーが届けられます。
    キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みでiPadも希望した場合は、上記と一緒にiPadも届けられます。
  • STEP04
    初期設定
    iPadまたはiPhoneに「Airペイアプリ」のダウンロードを行います。
    端末(カードリーダー)の箱に同梱されているマニュアルを参考に、各種設定を行ないましょう。
  • STEP05
    利用開始
    ご利用開始のお知らせメールが届いたら完了です。
    決済機能が利用できるようになります。

まとめ

Airペイ(エアペイ)は、国際6大ブランド(VISA・mastercard・americanexpress・JCB・Diners Club・DISCOVER)に対応したクレジットカード決済の他、中国スマホ決済のAlipay(アリペイ/支付宝)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ・微信支付)にも対応しており、外国人観光客が増加しえいる中、現金払い以外のキャッシュレス決済に慣れた海外のお客様の需要対策に効果的です。

また、最大月に6回の入金サイクルに対応しており、どこの銀行口座を振込口座として使っても振込手数料が無料であるため、新しく銀行口座を準備する必要はありません。

現在、キャッシュレス・消費者還元事業に伴い、カードリーダーをiPadを無料で導入できるキャンペーンを実施中です。

クレジットカード決済などのキャッシュレス決済を検討している方はこの機会に導入してみましょう!