ワキガ・多汗症/美容整形information

美容整形information

トップページ

二重まぶた 目もと ワキガ・多汗症 豊胸 鼻(隆鼻術) 脂肪吸引 若返り レーザー脱毛 審美歯科
 スポンサードリンク

ワキガ・多汗症

ワキガが医学的には腋臭症という名前で呼ばれています。ワキガ(腋臭症)とはわきの下が特有の悪臭を放つ場合をいい、汗をかいた後の「特有の体臭」「多汗」「シャツの黄ばみ」などが分かりやすい症状です。

汗には2つの種類があり普通の汗を出しているのが「エクリン汗腺」特殊な汗を出しているのが「アポクリン汗腺」です。エクリン汗腺は体のあらゆるとことに分布し体温を調整する役目があります。

成分のほとんどが塩水のため臭いもほとんどありません。一方、アポクリン汗腺はわきに集中しています。成分は脂肪・鉄分などさまざまな成分が含まれています。ワキガ(腋臭症)の原因と考えられているのは、アポクリン汗腺から出る汗です。

この汗は、出てすぐに臭いものでもありませんが、その汗に含まれる脂肪・鉄分といった成分が皮膚の表面に存在する細菌によって分解されると、独特の臭いを発するようになります。


マイクロリゼクション法

マイクロリゼクション法はワキガが対称とした治療法です。臭いのない多汗症は適応になりません。切開は1cmとほとんど目立たず、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を取り除きます。


反転法

反転法は従来より行なわれている古典的方法ですが、現在も効果としてはもっとも強く確実な方法です。の切開から腋毛周囲のアポクリン腺、エクリン腺を切除する方法です。これにより臭いのみでなく、多汗の方にも劇的効果を発揮します。女性の場合は永久脱毛効果が同時に得られます。


ボトックス注射

多汗症の治療多汗症に効果があるのが、このボトックス注射による治療法です。ボトックスは交感神経線維をブロックする効果があり汗腺への発汗の活動を抑制する効果があります。ただし、効果は4〜6ヶ月と限定されるので、定期的にボトックスを注射する必要があります。

 リンク

SITE MAP
美容整形