目もと/美容整形information

美容整形information

トップページ

二重まぶた 目もと ワキガ・多汗症 豊胸 鼻(隆鼻術) 脂肪吸引 若返り レーザー脱毛 審美歯科
 スポンサードリンク

目もと

目頭切開

目頭切開とは、目頭部分の「蒙古ヒダ」と呼ばれる目頭に張り出した皮膚を切開して張りをなくすことで目を大きく見せたり離れている目を近づけて見せる手術です。


目尻切開

目尻の切開は、目尻が下がっている人はもちろん、さらに目を大きくする場合にも有効です。目尻の下がりを修正するには、目尻を切開して上下のまぶたの皮膚をわずかに移動します。


脂肪除去

まぶたの脂肪が厚いと、二重が狭くなったり目が腫れぼったく見え、老けて見えてしまいます。余分な脂肪をとることにより、目元もすっきりとして、若返って見えます。


眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを上げる筋肉がゆるんで弱くなり、まぶたが下がって目が開けにくくなってしまう状態を言います。眼瞼下垂になると、眉の上の筋肉(前頭筋)で目を開けるため、額にシワができてしまったり、肩こりなどを引き起こしてしまうなどの弊害もあります。

眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあり、後天性の原因として考えられるのが老化による筋肉の衰えと長期間のコンタクトの使用による弊害などが上げられます。眼瞼下垂の手術法は通常、眼瞼挙筋短縮法(挙筋短縮法)という方法を採用します。

眼瞼挙筋短縮法(挙筋短縮法)は伸びて弱まってしまった眼瞼挙筋を切り縫合することにより筋肉の働きを強くする治療法です。

 リンク

SITE MAP
美容整形