二重まぶた/美容整形information

美容整形information

トップページ

二重まぶた 目もと ワキガ・多汗症 豊胸 鼻(隆鼻術) 脂肪吸引 若返り レーザー脱毛 審美歯科
 スポンサードリンク

二重まぶた

二重の手術は美容外科においてはもっともポピュラーな手術です。二重まぶたの手術は大別すると、埋没法(縫合法)と切開法に分別されます。それぞれの手術法の長所、短所と体質、希望などを総合的にカウンセリングしてもらいましょう。


埋没法(縫合法)

埋没法(縫合法)とは、切開せずに糸でとめ二重の癖がつくように縫い合わせ二重まぶたを作る方法です。埋没法です縫った糸は埋没して見えなくなります。

埋没法の長所としては、手術時間が短い、手術後の二重が気に入らない場合には元に戻せたり、ライン変更が可能であること、それから傷跡が残らないという点です。短所としては、体質によっては、ラインが取れて自然と元に戻ってしまう可能性があります。


切開法

切開法とは、希望のラインに沿ってまぶたを切開して、余分の脂肪や皮膚を取り除いて、 縫合を行い二重まぶたを作る方法です。切開法の長所としては、二重のデザインの自由度が高くラインが取れる可能性はほとんどないという点があげられます。

短所としては、術後の腫れや不自然さが1〜2週間ほど続くということ、それから目立たなくはなりますが傷跡が残ることです。


小切開法

小切開法とは、まぶたを1cm程度切開する施術方法です。脂肪も同時に少し切除できるので腫れぼったい目をすっきりとさせることができます。切開部分が小さいので、腫れも比較的少なく済みます。


 リンク

SITE MAP
美容整形